真空ポンプKCEの省エネ事例(空気輸送)

空気輸送(粉体輸送)とは、輸送元と輸送先を配管等で接続してその内部を流れる空気により粉体・粒体を輸送することをいい、その流れる空気を作り出すために真空ポンプやブロワが使われています。当社のヒートレスドライヤーQSQ(吸着式圧縮空気除去装置)の製造ラインでも吸着材を充填するために真空ポンプが使われています。 従来はロータリーベーン方式のポンプを4台使用していましたが、オイルフリー真空ポンプインバータモデルKCE380A 1台に更新することにより消費電力を10.3kWから5.8kW以下と大幅に省エネできました。 さらに1台に集中化することにより、一括でメンテナンスできるようになりました。

オイルフリー真空ポンプインバータモデルKCE380A・QSQ吸着充填装置