ノンフロンガスとは

ノンフロンガスとフロンガス

ノンフロンガスとは冷媒ガスの内、フロンを使用しない冷媒ガスです。
ノンフロンガスには、Co2、炭化水素、アンモニア等の自然冷媒やHFOなどがあります。

フロンガスは燃えにくく、液化しやすく、人体に毒性が無いといった多くの利点があり、チラーエアードライヤーなど多くの冷凍製品に利用しています。

フロンガスは大きく分けて以下の3種類が存在します。

  • CFC(クロロフルオロカーボン) … 炭素にフッ素・塩素が結合した物質
  • HCFC(ハイドロクロロフルオロカーボン) … 炭素にフッ素・塩素・水素が結合した物質
  • HFC(ハイドロフルオロカーボン)…炭素に、フッ素・水素が結合した物質

CFC冷媒やHCFC冷媒はオゾン層を破壊してしまうため、フロン冷媒を使用する現行の製品ではHFC冷媒を採用しています。しかしHFC冷媒も温室効果ガス(地球温暖化を強く促進する物質)であり、温暖化影響が少ない冷媒の研究・採用を行ってきました。
環境への取り組みについては環境活動をご覧ください。

オゾン層の破壊と地球温暖化について

オゾン層破壊や地球温暖化など、環境に直接影響を与える指標として、オゾン層破壊係数(ODP)や地球温暖化係数(GWP)があり、これらの値が小さいほど環境への影響が小さいとされています。
例えば製品で使用しているHFC冷媒R404やR407Cなどのオゾン層破壊係数と地球温暖化係数の一覧は以下のとおりです。

冷媒名 オゾン層破壊係数(ODP) 地球温暖化係数(GWP※)
R134a 0 1430
R404A 0 3920
R407C 0 1770
R410A 0 2090
R32 0 675
  • どれだけの温室効果があるのかをCO2を基準として表した値。一定期間内に地球に与える温暖化影響をCO2に対する比率として見たもの

オゾン層破壊係数(ODP)は何れも0ですが地球温暖化係数(GWP)は100以上であるため、冷媒ガスが大気に放出されると、何百倍・何千倍もの温暖化への影響が生じます。
しかし、ノンフロンガスはオゾン層破壊係数0で、地球温暖化係数(GWP)も小さく環境に優しい冷媒です。

冷媒名 オゾン層破壊係数(ODP) 地球温暖化係数(GWP)
Co2 0 1
NH3 0 1未満
HFO-1234yf 0 1未満

ノンフロンガスのメリット

上述したとおり、オゾン層破壊係数が0で地球温暖化係数が低いこと、他にはフロン管理工数がなくなることが挙げられます。
フロン排出抑制法により、第一種特定製品※には3カ月に1回の簡易点検、一定規模以上(7.5kW以上)の機器の場合、1年または3年に1回の有資格者による定期点検も義務付けられています。
しかしノンフロンガスについては、フロン排出抑制法の対象外のため、指定業者による回収や定期点検の義務がなく、フロンガスによる管理・廃棄コストを削減することができます。

  • 第一種特定製品 … フロン類が使用されている業務用冷凍機器

ノンフロンガスのデメリット

フロンガスと比較して優れた点だけ掲載しましたが、いくつかのデメリットも存在します。
例えばアンモニア冷媒では冷凍や空調用でのCOPが良いなどありますが、毒性・可燃性があることから取り扱いが難しい冷媒でもあります。

まとめ

ノンフロンガスとは冷媒ガスの内、フロンを使用しない冷媒ガスです。
ノンフロンガスには自然冷媒やHFO冷媒があります。
オゾン層破壊係数が0で地球温暖化係数が低く、定期点検や指定業者による回収が不要となっています。

当社ではノンフロンガスであるHFO-1234yfを採用したチラー(冷却水循環装置)の発売を開始しました。詳細は下記製品ページや、フォームよりお問い合わせください。