個体別自動哺乳ロボット

カーフレール

省力化に貢献する個体別自動哺乳ロボット

カーフレールは個別飼養されている子牛に自動で多回数哺乳します。適正な温度で、適正な量のミルクを子牛に給与でき成長を促します。また、作業時間と労働力も削減することができます。

カーフレール

Point1

哺乳作業を省力化

カーフレールは1日最大8回の自動哺乳が可能です。子牛を手作業で哺乳している場合に比べ、作業時間と労働力を最大95%削減できます。(フェースター社調べ)

Point2

衛生的な洗浄機能を搭載

哺乳前後にはカーフレールホース内を自動洗浄します。また、1頭哺乳終了ごとに乳頭洗浄ができるので衛生的です。

設置例

      

     

製品仕様

カーフレールユニット重量 約40kg
電源*1 AC230-240V (50/60Hz)
カーフレールユニット(頭数)/カーフフィーダー(台数)*2 2台/1台
子牛(台数)/カーフレール(台数) 最大32頭(片側最大16頭)/1台*3,*4,*5
64頭/2台

※1:カーフレールを使用する際は専用トランスが必要です。

※2:カーフレールはカーフフィーダーとの併用が必要です。

※3:機械の最大能力値です。ご使用条件により最大哺乳頭数は変わります。

※4:群飼と個別飼の併用の場合、哺乳プランは制限されます。

※5:カーフフィーダーのバージョンにより使える機能が異なります。

カタログPDFダウンロード