ドライ真空ポンプ
モジュールマルチモデル KCM310
真空度100kPa対応!制御盤を一体化したコンパクト設計

受注生産品

KCM310-V

  • 01タイプ:キャスタ無し
  • 02タイプ:キャスタ仕様
真空度
0~100kPa以上
モータ出力
5.5kW
流量
0~308m3/h
  • インバータと台数制御を組み合わせることにより、省エネ性能が更に進化
  • 制御盤・インバータをワンパッケージ化したモータ出力 5.5kW仕様
KCM310
KCM310
eco speed control
【エコスピード®コントロール】
お客様のエア消費量に応じて
最適な回転数を自動判断する省エネ機構です。
  • ロータ
    ロータ
  • 静音
    静音
  • インバータ
    インバータ
  • ロングライフ
    ロングライフ
  • ドライ摺動
    ドライ摺動
  • 簡単操作
    簡単操作
真空度をフルレンジで設定可能

0~100kPa の広範囲で使用でき、真空度に制約がありません。※タッチパネルの設定値は 5 から 101kPa。台数制御にインバータを併用している為、エアーをリークさせることなく 1kPa 単位で設定が可能です。

従来比最大80%の省エネが可能

過圧縮防止の排気構造と 2 段引ポンプにより、開放に近い真空度から到達真空度まで、どこのポイントで使用しても最適な電力で運転。電気代を削減します。

低真空から高真空までカバーする省エネポンプ構造 特許
  • フルレンジの真空度(開放⇔到達)で最適な電力で運転
  • 過圧縮防止の排気構造

真空度が高くなると排気行程時に空気の逆流が発生し、この戻り空気分がエネルギーロスになります。
KCMシリーズでは排気開放直前容積を減少させる排気口を新規設計し、エネルギーロスを抑制しています。
一方、開放時は空気量が増え、過圧縮となり消費電力が上昇します。「補助排気口」を設け、消費電力を低減しています。

省エネポンプ構造
台数制御システムへ拡張可能

グループコントローラを使用することで台数制御システムへ拡張可能です。

台数制御システム
コンパクト設計で省スペースを実現

インバータ、フィルター、圧力センサをKCM310内部に収納。
制御盤の設置スペース、電気工事費用を大幅に削減します。

コンパクト設計
コンパクト設計

▲両サイド壁付けの設置が可能です。

インテリジェントタッチパネルで簡単操作

各種設定や運転状況の確認が、視覚的・感覚的に画面にタッチすることで操作・確認ができます。

インテリジェントタッチパネル
  1. ❶測定真空度表示
    デジタルで真空度を表示します (1kPa 単位)
  2. ❷設定真空度表示
    デジタルで簡単に真空度を設定できます (1kPa 単位)
  3. ❸運転モード表示
  4. ❹運転負荷率表示
  5. ❺運転状態表示
  6. ❻運転操作ボタン
  7. ❼警報番号表示
  8. ❽ポンプ起動/停止時刻表示

仕様

KCM310-V-01/02
モータ出力 kW 5.5
流量※1 m3/h 308
m3/min 5.1
到達真空度※2 kPa 100 以上
kPa(abs) 1.3 以下
運転音※3 dB 72
配管接続口径   Rc2
質量 kg 485(01)、495 (02)
モータ 定格電源・周波数※4   三相 200V-50/60Hz、220V-60Hz
出力・極数×台数   5.5kW・4P×1台
仕様   トップランナー規制対応高効率モータ
設置環境 設置場所   屋内
許容周囲温度※5 5~40
許容周囲湿度   65 ±20%RH(JIS Z8703)
設置場所標高※6 m 1000 以下
制御方式   負荷検出回転数自動制御回路内蔵
回転数自動制御範囲 Hz 20 ~ 60
  1. 流量は設計排気量となり、容積から求めた理論値です。実流量は能力線図をご確認願います。
  2. 1気圧下における真空度となります。ご使用地域の標高が高い場合、1気圧下における真空度とご使用地域における真空度に差異が発生しますので、到達真空度が仕様表記載値より低くなります。
    到達真空度簡易補正式 [kPa] = 仕様表記載の到達真空度 [kPa] - 標高 [m] × 0.0115 [kPa/m]
  3. 運転音は真空度 80kPa・200V-60Hz 時での実測値であり、保証値ではありません。
  4. 電源電圧の一時的な変動範囲は ±10% 以内、変動が連続する場合の許容範囲は定格電圧 ±5% 以内です。
  5. 周囲温度 5℃付近で起動した場合、高周波音が発生する場合がありますが、短時間で音が消えますので異常ではありません。30分以上高周波音が連続する場合はご相談ください。
  6. 標高 1000m を越える場所での仕様は弊社までご相談願います。