密閉対策用空調機器/外気処理空調機
フレッシュエコキューブ AEC
三密(密閉・密集・密接)の密閉対策・換気のお悩み解決

AEC600A / AEC1200A

吐出空気温度 設定温度範囲
18~30℃(DB)
内部冷却温度 設定温度範囲
9~12℃(DB)
最大冷却能力
9kW/18kW
定格処理風量
480~600m3/h
960~1200m3/h
  • 夏期/冬期の冷暖房時の換気対策として、
    外調機でフレッシュエアーの取り込みを実現
    換気回数の増加で密閉空間の環境改善に
  • 除湿された外気を室内に送り込む事で
    エアコンの負荷と不快指数を低減、
    省エネと快適性を両立
エアープロセッサー
AEC600A

外調機とは・外気導入の必要性

外調機とは外気処理空調機の略称で、外気を処理するための空調機のことです。
三密の密閉空間を避けるため、換気が推奨されていますが、通常のエアコンは空気を循環させるだけで
換気はほとんど行っていません。一般的なオフィスや住宅などは換気回数が1時間あたり0.5回
計算されていますが、病室などは1時間あたり2回以上とガイドラインにて推奨されております。
密閉空間の改善と換気回数をさらに増やすことが細菌やウイルス感染予防として推奨されております。
» 厚生労働省「換気の悪い密閉空間」を改善するための換気の方法

一般オフィス、住宅、商業施設なども

細菌やウイルス感染予防として密閉空間の改善と
換気回数を増やすことを推奨

細菌ウイルス感染予防には、換気回数1時間に2回以上が推奨されている

窓を開けて直接外気を室内に取り込むと、特に夏場など高温多湿の外気がそのまま入り込む事になり、
通常の室内エアコンだけでは除湿しきれず不快指数が上がってしまいます。そこで外調機を
使用することでエアコンの負荷を軽減し、省エネと快適性を両立する事ができます。
外調機「フレッシュエコキューブ」は除湿された外気を室内に送り込む事で、
エアコンの負荷を低減し、省エネと快適性を両立します。

外調機「フレッシュエコキューブ」を導入した場合
外気処理空調機の導入例
  • 処理された外気が給気されるため、温湿度が安定する
  • 一般的な空調機では除湿しきれない外気を調和して給気するため、結露が低減する
  • 室内空調機の負荷が減るため、電気容量が小さくなる
  • 室内が陽圧に保たれ、隣室や別の部屋からの埃やウイルスが侵入しにくくなる

特長

年間を通じて低露点の空気を安定供給
設定内部冷却温度範囲:9℃~12℃(任意設定)
  • 本機は吐出空気の露点温度を精密制御するものではありません
中間期も冷凍用圧縮機を運転し、年間を通じて低露点を供給

設定温度26℃時、温湿度が33℃/68.5%の外気は、温湿度26℃/34.2%で給気、
温湿度15℃/100%の外気は26℃/34.2%で給気

出口空気温度も設定可能
  • 夏場など下図④の温度が設定温度より高い場合は成行になります
省エネ顕熱交換器を搭載
予冷(下図②)・再熱(下図④)を顕熱交換器で行い、省エネ
(冷却エネルギー、再熱エネルギーの総和量で41%削減※当社比
処理フロー例
外気処理空調機の導入例
冷媒配管不要の一体デザイン
コンデンシングユニット一体で冷媒配管工事不要・ダクト配管のみで設置可能
リモコン標準装備で屋内から操作可能(本体での操作も可能です)

用途例

  • 中小規模の工場
  • ビル・オフィス
  • 会議室
  • 研究施設
  • 商業施設
  • 屋内運動施設
  • 劇場
  • 集会施設
  • 遊興施設
  • 食品工場
  • 学校
  • ホテル
  • レストランなど
外調機導入による省エネと快適性の両立
オフィスの会議室
会議室(緑枠 外調機AEC)
設備用精密空調機PAP-Rシリーズをご一緒に
高精度空調と密閉対策を両立した恒温·恒湿室
オフィスの会議室
工場(黄色枠 設備用精密空調機、緑枠 外調機AEC)

機種選定例

600m3の部屋に外気を導入する場合の選定

600m3の空間に1時間あたり2回の換気回数とすると、
600(空間容積m3)×2(換気回数) = 1200(m3/h)
⇒ この風量を確保できる機種はAEC1200Aとなる

必要風量
の目安
(m3/hr)
空間容積
100m3 200m3 300m3 400m3 500m3 600m3 700m3 800m3 900m3 1000m3



0.5回
(hr)
50 100 150 200 250 300 350 400 450 500
1回
(hr)
100 200 300 400 500 600 700 800 900 1,000
2回
(hr)
200 400 600 800 1,000 1,200 1,400 1,600 1,800 2,000
3回(hr) 300 600 900 1,200 1,500 1,800 2,100 2,400 2,700 3,000
AEC600A×1台 AEC1200A×1台 AEC600A×1台
AEC1200A×1台
AEC1200A×2台 AEC600A×1台
AEC1200A×2台

仕様

型式 AEC600A AEC1200A
性能 設定可能範囲 吐出空気温度 ※1,※2 ℃(DB) 18 ~ 30
内部冷却温度※3 ℃(DB) 9 ~ 12
最大冷却能力※4 kW 9 18
定格処理風量 m3/h 480 ~ 600 960 ~ 1200
最大機外静圧※5 Pa 400
環境条件
(吸込空気)
常用運転範囲 DB-5℃ ~ 33℃, WB28℃以下
運転可能範囲※6 DB-5℃ ~ 40℃, WB30℃以下
外形寸法(高さ×奥行×幅)※7 mm 1800×1505×1503 1800×1505×1856
製品重量 kg 600 800
制御空気吐出口(開口) mm □344 650×344
電気特性 電源※8 V(Hz) 三相200±10%(50/60)
消費電力※9 kW 12 21
電流※9 A 34 65
電源容量※10 kVA 14 22
騒音値 dB 66 69
運転制御方式 温度制御 ヒータPID制御
除湿制御 圧縮機回転数制御
装置項目 冷凍用圧縮機 kW 全密閉型(ロータリー式)
3.0(DCインバータ制御)
全密閉型(スクロール式)
7.46(DCインバータ制御)
顕熱交換器 クロスフロー式プレート式
制御空気熱交換器 フィンアンドチューブ式
放熱空気熱交換器 フィンアンドチューブ式
制御空気送風機 kW エアホイルファン0.4
(インバータ駆動)
エアホイルファン0.75
(インバータ駆動)
凝縮ファン kW 有圧換気扇0.1
(インバータ駆動)
有圧換気扇0.4
(インバータ駆動)
冷媒制御方式 電子比例制御弁
冷媒 R410A
補助加熱ヒータ kW フィン付シーズヒータ 5.01 フィン付シーズヒータ 10.02
温度調節器 デジタル式電子温度調節器
吐出空気温度センサ 白金側温抵抗体
操作機 リモートコントローラ付属
ケーブル20m付属
通信 USB2.0, EIA規格 RS-422A/485
  1. 吐出空気の制御可能温度範囲を表すものではありません。制御可能温度範囲は、吸込空気温湿度や処理風量により異なります。また、吐出口1点のコントローラ表示値であり、絶対温度を保証するものではありません。
  2. 本機は外気と内部冷却空気で熱交換を行うため、吐出空気温度は外気条件により変動します。
  3. 機内で空気を除湿するための冷却温度の目標値であり、冷凍用圧縮機の運転を停止する目安です。冷凍用圧縮機の運転/停止の切り替え時は、吐出空気温湿度が乱れる場合があります。また、本機は吐出空気の露点温度を精密制御するものではありません。
  4. JIS規格(吸込空気温度 DB33℃、WB28℃)に準じた条件にて、最大定格処理風量時。
  5. 送風機運転周波数60Hz、制御空気吐出側にて絞り、最大定格処理風量にて運転した時の機外静圧。
  6. 本機の運転を継続しますが、装置の保護のため、出力を制限して運転する場合があります。また、使用条件によっては本機に結露が発生する場合があります。
  7. 突起部を除く
  8. 電源電圧の相間アンバランスは、±3%以内としてください。
  9. 仕様範囲内における最大値。
  10. 仕様範囲内における最大運転電流時。

設備用精密空調機PAP-Rシリーズとご一緒に
高精度空調と密閉対策を両立した恒温・恒湿室の
システム提案をいたします

精密加工室等の温湿度管理エリアへの外気導入、室内空調機の負荷低減、クリーンルームの陽圧化に
設備用精密空調機PAP-Rシリーズ »

PAP-Rシリーズとご一緒、密閉対策した高精度空調と恒温・恒湿室 PAP-Rシリーズとシステムアップ例