ドレン処理装置 ドレンマスター® OWD ドレン処理費用の大幅な節約が可能

中型 OWD10
寒冷地仕様 OWD10-H

処理濃度
5mg/L以下
(ヘキサン抽出物質)
適応コンプレッサ
スクリュー型・レシプロ型
37kW以下
  • 水質汚濁防止法の排水基準をクリアーし、ドレン処理費用の大幅な節約が可能
OWD10
OWD10
ドレン処理装置の必要性
  1. 法律
    水質汚濁防止法で、未処理の圧縮空気ドレンの放流は禁止されています。
  2. 基準値
    放流できる圧縮空気ドレン水は、油分濃度(ヘキサン抽出物質含有量)が全国基準値5mg/L以下です。
  3. 濃度
    スクリューエアーコンプレッサのドレン油分濃度は、一般的に30~50mg/Lあります。
ドレンマスター導入のメリット(中型 OWC にて算出)

ドレン処理費用(経費)の大幅な節減になります。1日100Lドレン処理を全て産業廃棄物業者に依頼した費用と、ドレンマスターランニング費用との差額メリットは、次のようになります。

ドレンマスター導入のメリット
  • 産業廃棄物処理費用25円/L、ドレンマスターランニング費用(吸着材消耗部品代)3.0円/L(OWC型、油分濃度150mg/L時)として計算。
ドレン最大発生量(L/hr)

ドレン最大発生量は下記の計算でお求めください。

エアーコンプレッサ吐出空気量(m3/min) × 60 × { (吸込空気の水分量(g/m3)) - (除湿空気中の水分量(g/m3)) } × 1
1000

条件

  • エアーコンプレッサ吐出空気量:大気圧換算
  • 吸込空気の水分量:設置場所の夏季条件(温度30℃、相対湿度70%では21.2g/m3)
  • 除湿空気中の水分量:圧力0.69MPa、露点10℃時の飽和水分1.37g/m3
  • 夏季のドレン量に対し、春・秋は約1/2、冬は約1/3となります。

仕様

OWD10 OWD10-H
処理方法 集合ドレン処理用
適用エアーコンプレッサ(目安) スクリュー型、レシプロ型37kW以下
適用オイル コンプレッサー潤滑油(鉱物油、合成油)
使用周囲温度範囲 2~40 -10~40
使用圧力範囲 MPa 0.29~0.98
性能 年間平均処理量 L/hr 10
処理水油分濃度 mg/L 5以下(ヘキサン抽出物質)
総処理量※1 L 18000
入口条件 ドレン原水 圧力0.98MPa以下の圧縮空気ドレン
原水油分濃度上限 mg/L 500以下
ドレン原水温度範囲 2~40
電気特性 電源(50/60Hz) V - 単相200
消費電力 W - 146
定格電流 A - 0.73
外形寸法(W×D×H) mm 413×334×1175
製品重量(乾燥状態) kg 36 37
ドレン入口 B Rc1/2
処理水出口 B Rc1/4
適用圧送ドレントラップ※2 電磁式/ディスク式
  1. 年間平均油分濃度125mg/L時の処理水量。(理論値)
  2. これは推奨機種です。詳細はご相談ください。