フリークーリング モジュール型
エコハイブリッドチラー FCMC55A
モジュールチラーにフリークーリング機能を搭載、大幅な省エネを実現

FCMC55A[ポンプレス]/FCMC55A-P[ポンプ内蔵]

冷却能力
(50/60Hz)
55.5kW
使用周囲温度範囲
-20 ~ 45℃
使用液温度範囲
15 ~ 35℃
温度制御精度
±0.5℃
  • 自然のエネルギーを最大限活用した
    フリークーリング機能を搭載
  • フリークーリングにはクリーンな
    冷却方式を採用
  • 当社独自の形状「Vシェイプ」を採用し、
    連結設置時の設置・配管スペースを削減
  • モジュールチラーとして、
    最大 32 連結まで設置が可能
FCMC55A
FCMC55A
外気温に応じた省エネ運転に自動で切り替え

設定水温より外気温が低い時期、例えば冬季は、フリークーリングがメインで冷却を行うため、年間消費電力の大幅な節電が可能になります。また、春季・秋季といった中間期は、フリークーリングがメインで冷却を行い、気温が上昇し、冷却能力が不足した際は、チラーが補助に入るため水温が安定します。外気温が高い夏季はチラーがメインで冷却を行います。チラー運転時も、インバータ制御で無駄を削減します。

年間運転イメージ

年間運転イメージ

3つの運転モード

3つの運転モード
自然エネルギーを最大限利用し、大幅な省エネを実現!

外気温の低い冬季はフリークーリングのみで冷却を行うため、ファン・ポンプ以外に使用する電力を大幅にカット。

COPグラフ
  • 中温度帯専用
    FCMC55Aはフリークーリングを最大限活用するため、設定温度を15~35℃の中温度帯に限定。
    設定温度15℃以下で使用する場合は、DCインバータチラー「RKEシリーズ」をおすすめします。
  •   
省エネ試算
省エネ試算例

お客様の使用環境・条件に合わせた省エネ試算を行います

ご検討時にぜひお問い合わせをお願いします。
赤枠内の条件を販売窓口までご連絡いただきますようにお願いいたします。

  • 比較対象はオリオンインバータチラーとなります。
  • 他社製チラーの場合は、定格冷却能力と定格消費電力をお知らせください。
完全停止のリスクを分散可能

FCMC55Aは2つの冷凍サイクルで構成。万が一、片方の冷凍サイクルに異常が発生し停止した場合でも、
もう一方の正常な冷凍サイクルで運転を継続するため、完全停止のリスクを分散しています。

COPグラフ

モジュール型冷却システム

新形状「Vシェイプ」

当社独自の形状「Vシェイプ」を採用することで、近接設置が可能に。
設置スペースと配管スペースの大幅な削減を実現。

Vシェイプ
幅広い連結パターン

複数の連結パターンを選択可能。限られたスペースを無駄にしない、最適な連結パターンをお客様にご提案します。

幅広い連結パターン
モジュールコントローラ
(必須別売品)

オプション品である「モジュールコントローラ」を各機に接続することで、台数制御運転・ローテーション運転・バックアップ運転といった機能を使用可能。モジュールコントローラは最大8モジュールまで登録可能。

モジュールコントローラー
グループコントローラ(オプション)

オプション品である「グループコントローラ」を接続することで、モジュールコントローラの管理下にあるグループの集中管理が可能に。(最大32モジュールを操作・監視可能)
運転/停止の操作だけでなく、設定温度などの各種設定の変更が遠隔で行えます。

グループコントローラー

仕様

型式 FCMC55A(ポンプレス) FCMC55A-P(ポンプ内蔵)
冷却能力※1 kW 55.5
法定冷凍トン トン 5.57
高圧ガス保安法的手続要否 不要※6
外形寸法(高さ×奥行×幅) mm 2375×1025×1630
製品質量(水槽空) kg 650 700
運転音 dB 65
使用周囲温度範囲※5 -20~45
冷水
使用液 清水
制御精度※4 ±0.5℃
設定温度範囲 15~35
使用圧力範囲 MPa 0.05~0.90
使用流量範囲※9 L/min 60~200
最小保有水量※7 L 150
出入口接続口径 Rc1.1/2
電気特性 電源※2 V(Hz) 三相200~220±10%(50/60)
消費電力※1 kW 14.4 15.4
電流※1 A 42.1 46.8
電源容量※3 kVA 18.4 22.9
装置細目 冷凍用圧縮機 出力 kW 3.73×2(インバータ駆動)
凝縮器(冷媒用) フィンアンドチューブ型強制空冷式
冷却器(ファンクーラ用熱交換器) フィンアンドチューブ型強制空冷式
冷却器 構造 プレート式熱交換器
圧送ポンプ※8 出力 kW - 3.7(インバータ駆動)
循環ポンプ 出力 kW 0.4(インバータ駆動)
ファン 出力 kW 1.0×2(インバータ駆動)
冷媒 R32
冷媒充填量 kg 3.6×2
  1. 冷水温度20℃、周囲温度32℃、冷水流量114L/minでの運転時。冷却能力は、表示能力の-5%以上です。
    (FCMC55A-Pの圧送ポンプ運転周波数40Hz)
  2. 電源電圧の相間アンバランスは、±3%以内としてください。
  3. 仕様範囲内における最大運転電流時。
  4. 現在の負荷±10%以内の状態が継続し、かつ周囲温度・電源等が安定し、冷水流量が60L/min以上の場合。但し、下記の場合を除きます。
    ①冷凍用圧縮機が起動してから約5分以内(温度制御は、冷凍用圧縮機が起動してから約5分後に開始となります。)
    ②冷却負荷が少なく冷凍用圧縮機がON/OFFする場合。
    ③現在の負荷±10%を超えたときやモード移行時。この時、±2.0℃以内となります。
    ④設定水温を変更したとき。
  5. 凍結なきこと。
  6. 手続きが異なる他の冷凍機と冷水回路を共通にする場合(合算)は、手続き内容が変わる可能性があります。
  7. 冷水流量114L/min、圧縮機ON-OFF 時の制御ディファレンシャル4.0℃の場合。
  8. 本機で使用できる液体は清水(冷水)です。ブライン使用時は、専用のポンプへ変更する必要があります。
  9. 最大負荷時の出入口温度差が10℃以下となる流量にしてください。