[高効率な環境試験に] 小型恒温恒湿槽

小型省スペース設計の恒温恒湿槽 サーマルストリーム®

解析試験、温度特性試験、食品関係の保存確認など、あらゆる試験検査をする鋭機。高温/低温下でドアの開閉をしながら内部操作が可能です。前面ガラスドアで電動スライド式を採用し、ドアの開閉による内部の温度変化が少なく、目視しながら操作ができます。

主な用途: 解析試験、温度特性試験、食品関係の保存確認など

製品情報ページ
カタログダウンロード

仕様

型式 恒温器 恒温恒湿器
APS-200LL-D APS-200LLP-E APS-200LLKP-E
計装   デジタル温度
コントローラ
プログラムコントローラ式タッチパネル


※1
温度制御範囲※2 -40~+100
湿度制御範囲 20~95
(50℃~90℃時)
温度分布※3 ±0.5(-40℃~+60℃時)
±1.0(+61℃~+80℃時)
±1.5(+81℃~+100℃時)
湿度分布※3 % ±5
温度上昇時間※4 min 60以内(-40℃ → +100℃)
温度下降時間※4 min 60以内(+20℃ → -40℃)
制御方式   PID制御・Pt100Ω・分解能0.1℃
使用温度範囲 5~35



電源 V
(Hz)
三相200±10%(50/60)
最大運転電流 A 23 26.5
電源容量 kVA 8 9.2
しゃ断器   本体内蔵
冷媒   R404A
冷媒充填量 kg 圧縮機1:0.6
圧縮機2:0.63
冷凍用圧縮機出力(圧縮機2台搭載) kW No.1:1.1、No.2:1.1
内装   SUS304
質量 kg 300 320
タッチパネルプログラム仕様   プログラム式:20プログラム(プログラムリンク可能)/ステップ数:20ステップ(1プログラム)
プログラム繰返し数:9999回/
ステップ時間設定:0~9999分(最小単位1分)
その他の機能:待機(ウェイト)機能・保持(ホールド)機能・早送り(スキップ)機能
寸法※5 mm 970×1010×1625
  1. 性能はドア全閉時の場合です。
  2. 温度範囲は無負荷、無試料、定格電圧、槽内吹出し位置の温度で周囲温度+10℃~+25℃の場合です。
  3. 温湿度分布は周囲温度+10℃~+25℃、無負荷、無試料時で安定状態におけるJTM規格に準拠した値です(試料室の中央と各隅8点の測定値のうち、正値と負値の各々を平均したものの絶対値平均)
  4. 温度上昇、下降時間は、周囲温度+20℃、無負荷、無試料・定格電圧時、槽内吹出し位置の温度における最大能力を示します。
  5. 突起部分は含みません。
  • 外部侵入熱により槽内温度は、吹出し位置温度と約2℃~7℃の差が生じます。