製品に関するご質問 - 外気処理空調機(外調機) フレッシュエコキューブ

Q. 外気処理空調機「フレッシュエコキューブ」は一般的な外調機と比較して何が違うのですか?

A.
  1. 一般的な外調機では冷暖切替方式が主流であり、春や秋などの中間期(15℃~ 20℃)では
    送風運転となってしまうため、除湿ができません。
    またヒートポンプ方式の外調機は冬場の加熱時にデフロスト運転が必要となり、
    一時的に供給温度が低下するため電気ヒータを使うケースがあります。「フレッシュエコキューブ」は年間冷房方式のため、中間期でも除湿運転します。
    さらに冷凍回路の制御によりデフロスト運転やオイル戻し運転も無く、連続運転が可能。
    冬場など吸込み空気が低い場合は、冷凍機を停止し、補助加熱ヒータにて加熱して
    供給します。
  2. 予冷・再熱用として顕熱交換器を搭載しております。
    夏場などの外気条件が厳しい時でも、低露点維持し易くなり、また省エネにも
    貢献しております。

外調機処理フロー

密閉対策用空調機器/外気処理空調機 フレッシュエコキューブ AECシリーズ製品ページへ

外気処理空調機(外調機) フレッシュエコキューブに関するご質問一覧へ戻る