ABOUT ORION ものづくりの現場

オリオン機械の
ものづくりの特長

オリオン機械のものづくりの歴史は、終戦直後の1946年から始まります。当時は社員10名の小さな下請けの町工場でしたが、1957年には国産初となる搾乳機の開発に成功。自社オリジナル製品として初めてのヒット製品となりました。以後、電動攪拌機、ユニットクーラーと次々と新たな製品を生み出し、酪農機器メーカーとしての基礎を固めました。
さらに1965年には無給油式ポンプとジェットヒーターというまったくジャンルの異なる2製品を同時期に開発し、産業機器分野へと進出しました。以後も新技術の研究、自社製品の開発を進め、電子機器業界、食品業界など新たな地平を切り拓いてきました。
オリオン機械は、さまざまな方面からのアイデアを集結して、幅広い発想力でものづくりに挑戦し続けています。

製品づくりの体制

オリオン機械では製品の企画開発、設計から、製造、販売、メンテナンスまでをすべて自社で行っています。
各工程で培われたノウハウが部門の垣根を超えて結びつくと、大きなうねりを生み出し、イノベーションへと繋がっていきます。
ものづくりの入り口から出口まですべての工程に関わること。これがオリオン機械の理想の生産体制のキーなのです。

仕事の内容

開発の仕事
実用化されていない次世代テクノロジーを研究し、オリオン機械製品に応用するための仕事です。新製品や新たな高付加価値の開発、既存製品の技術改良を目指し、未来のオリオン機械を担う製品を生み出します。
設計の仕事
製品の設計を担当します。「産業機械」「真空システム」「空調システム」「電子技術」など各部に分かれています。お客様ごとにカスタマイズして納品する製品の場合は、一人が一台すべての設計を担当することが多いです。
生産技術の仕事
製品そのものではなく、製品を製造するための生産ラインや設備、器具などの設計開発、メンテナンスを担当します。製造工程全体を管理しながら、開発、設計と生産現場との連携を図る仕事です。
営業の仕事
国内外の販売代理店や現地法人と連携を取りながら、ユーザーの元を訪れて製品の提案や機種選定を行います。海外での販促などをする海外事業部や、より技術的な提案をする営業技術部、企画広報などさまざまな部門があります。
品質管理の仕事
オリオン機械の工場で製造しているすべての製品の検品・検査を行うとともに、工程の管理や改善に取り組み、不良品の予防に努めます。また、納品後の製品の品質を保証するためのアフターサービスも担当します。
製造の仕事
オリオン機械の製品を生産する部門です。一人の担当者が一台の機械の製造をすべて、組み立てから塗装、板金まで担当することが多いです。生産用資材の調達や管理などを行う購買部や資材部も含まれます。
総務・経理の仕事
会社全体のお金の管理や各種事務手続き、社内行事の運営など、会社として必要不可欠な業務を担います。採用や異動、社内研修などの人事や、情報戦略、基幹システムの設計など、多種多様な業務があります。