マックスフィーダー®FMA

 

マックスフィーダー

給飼作業の省力化を実現

1日一度ストッカーにサイレージを投入するだけで設定された時刻に自動給飼(最大12回/日)夫婦二人で4~5時間の給飼作業が15分程度に省力化されます。

安心の日本語操作画面

国産品であるため操作画面はすべて日本語表示で納得いただけるきめ細かな設計が自慢です。

豊富なバリエーションと使いやすさ

400L・800L・1600L・2000Lと豊富なバリエーションとITオプションによる抜群の使い易さ。(遠隔操作・トラブル通知・給飼量自動計算)

システムイメージ

システムイメージ

一日一度ストッカーにサイレージを投入しておくと、あらかじめ設定した時刻に、無人でサイレージや配合飼料を搭載し、各牛の前まで走行して、一頭ずつ設定された量を自動給飼します。給飼回数は最大12回/日まで設定できますが通常は6~8回に設定しています。

導入効果の例

導入効果の例

夫婦あわせて例えば4時間かけている給飼作業が15~20分に圧倒的に省力化され、60頭規模の酪農家が、同じ作業時間で90頭飼うことができます。また多回数給飼により乳量増や飼料代の節約が期待できます。


マックスフィーダー仕様

製品 MAX1600
(MAX1600M)※2
MAX2000
(MAX2000M)※1
MAXミニ400 MAXミニ800
型式 FMA16 FMA20 FMA04 FMA08
給飼飼料 配合飼料 70L×1槽
140L×1槽※4
100L×1槽
200L×1槽※3
90L×1槽※5
サプリメント 25L×1槽※6 オプション※7
外形寸法(幅×奥行) 1,100×3,310mm 750×2,020mm 750×3,020mm
走行用レール寸法(H型鋼) H-125×60×6×8
走行用レール高さ 2,120mm以上
(2,400mm以上)※2
2,420mm以上
(2,700mm以上)※1
1,900mm以上
粗飼料計量装置 有り(重量計算) 有り(重量計算)
質量(本体のみ) 690kg(740kg)※2 710kg(760kg)※1 300kg 400kg

※1.(  )内は2000ミキシングタイプ仕様です。レール高さにご注意下さい。 ※2.(  )内は1600ミキシングタイプ仕様です。レール高さにご注意下さい。 ※3. 200Lを100L 2槽に分けられます。 ※4. 140Lを70L 2槽に分けられます。 ※5. 90L を45L 2槽に分けられます。 ※6. オプションで25L 1槽を追加できます。 ※7. オプションで20L 2槽を追加できます。


関連製品ページはこちら