高温短時間加熱殺菌装置 クイックパスチャー

高温短時間加熱殺菌装置 クイックパスチャー

今までの殺菌装置では少量ずつしか処理できず、 多くの時間がかかっていました。 子牛に質の良い生乳を与えることは、将来性ある乳牛を育てるために欠かせません。クイックパスチャーは短時間で大量に移行乳を殺菌処理することができます。高温かつ緩やかな温度変化で子牛の成長に必要な栄養を 損なうことなく給与できます。

クイックパスチャーを選ぶ理由

クイックパスチャーは高温短時間で、大量の生乳を殺菌処理することができます。子牛に必要な抗体を変性させることなく、ミルク本来の風味と栄養価を保持した良質な移行乳を給与できます。また、本体はコンパクトな設計で狭い場所でも設置できます。さらに、短時間加熱によるエネルギーコストや循環洗浄による水と洗剤使用量の節約を実現します。酪農家の皆様に貴重な時間とコストの削減をご提案します。

子牛に必要な生乳を大量短時間処理

クイックパスチャーを選ぶ理由

高温短時間殺菌を実現

上中下、3 つのタンクで熱交換

3段階の加熱・冷却システムによるシンプルな湯煎方式の熱交換により、移行乳は72.5℃まで温められ20秒間殺菌されます。3段階のタンクで熱交換を行っているため、ヒーターによる加熱時間が削減でき、さらに殺菌される生乳の温度は緩やかに変化します。本体は電源と給水を接続するだけで簡単に設置することができます。


クイックパスチャー内の乳温変化

乳温変化イメージ図

半自動循環洗浄でコスト削減

洗浄メニューから開始します。半自動循環洗浄を採用したことで、洗剤と水の量を削減することができます。

簡単設置と簡単操作でコスト削減

スタートスイッチを押すだけで殺菌を開始します。毎分3L の生乳を処理することができます。大量の生乳を殺菌するときはもちろん、少量でもその効果を発揮します。タイマー機能を使えば、好みの時間に自動で殺菌を開始することも可能です。また、制御ユニットが温度データなどを常に管理しているため、乳温が基準値より外れた場合、殺菌をストップするなど、確実に殺菌を行うことができます。

簡単設置と簡単操作でコスト削減

スイッチひとつでスタート

仕様表

項目 内容
高さ 1280mm
600mm(側面閉)、840mm(開閉時)
奥行 380mm
重さ 80kg
加温出力 8.1kW
処理能力 180L/h(3L/min)
電源 三相400V※

※トランスの導入が必要となります。

関連製品ページはこちら