ICT※1を活用した繋ぎ牛舎用精密飼養管理システム

チャレンジマン®20P※2(Challenge Man20 Precision)

  • ※1 ICT=情報通信技術(Information and Communication Technology)
  • ※2 CM20Pは飼養管理システムの総称であり経営効率に挑戦する人とマネジメントに加え精密飼養管理を意味します。

精密飼養管理システム「CM20P」

より多くの牛乳を生産するためには、牛が持つ能力を最大限に発揮させること。そのためには、日々変化する牛の状況を的確に把握し個体ごとの精密な飼養をおこなうことが必要です。さらに、妊娠牛が正常に分娩すること、産前産後の疾病を防止すること、正しい搾乳を行うこと、スケジュール通りに繁殖活動を行うことなどが重要となります。その理想に少しでも近づける方法。それが、VMAP-3を中心にした、搾乳・給飼・繁殖を一環して行う精密飼養管理システム「CM20P」の構築です。

精密飼養管理システム「チャレンジマン20P」システムイメージ

CM20Pシステムの構成図

VMAP-3を中心に、MMD500(乳量計付自動離脱装置)とマックスフィーダー(自動給飼機)が相互に連動することで、精密飼養管理が実現します。

CM20Pシステムの構成図

チャレンジマン20P 導入メリット

  • 規模拡大による管理不足を防ぎます。
  • 少量多回数給飼により、牛の健康を維持することができます。
  • ボディコンデションスコア(BCS)を適正化し疾病などを改善します。
  • 乳量連動により、牛の要求にあった給飼量を与えることができ、ムダな飼料を減らすことができます。
  • 適切給飼により、飼料効果を改善します。

乳牛飼養管理ソフトVMAP-3(ビジュアルマネジメントプログラム)

VMAP-3は、日々取得されるデータを基に様々な計算・解析を行うことで牛の変化に素早く対応し、状況に合った適切な牛群管理のお手伝いをする乳牛飼養管理ソフトです。MMD500、マックスフィーダーと連動することで、より精密な個体管理が可能となります。

VMAP-3メニュー画面

特長

  • 牛舎を真上から見たイメージで表示。牛の配列をマウスで簡単に変更可能。
  • あらかじめ給飼モデルで乳量に対する給飼量を設定。  日々の乳量に応じた給飼量がマックスフィーダーから給飼されます。
  • 繁殖カレンダー、乳量グラフ、泌乳曲線表示、乳温・電気伝導度表示など新規機能を追加し、更に管理しやすいソフトになりました。

VMAP-3(ビジュアルマネジメントプログラム)飼養管理PCソフト

VMAP-3システム要件
型式 VMAP-3
対象OS

Windows10,Windows8.1,Windows8,Windows7(ServicePack1以降)

*各日本語OSの64bit版(x64)、32bit版(x86)に対応しています。

CPUインテル Core i3以上のプロセッサまたは同等の互換プロセッサ

メモリ(GB RAM) 4
ハードディスク(GB) 2以上(データは除く)
解像度(pixel) 横1366×縦768以上

乳量計付自動離脱装置MMD500

MMD500でリアルタイムに計測された正確な乳量・乳温・電気伝導度をVMAP-3で管理します。乳量管理による自動給飼機との連動、乳温・電気伝導度による病気の早期発見などが可能になります。また、繁殖情報、搾乳禁止情報をMMD500でお知らせします。

※ICAR認証取得、乳用牛群検定全国協議会使用承認取得

乳量計付自動離脱装置MMD500

粗飼料・配合飼料自動給飼機マックスフィーダー®

VMAP-3で乳量連動給飼設定をすることにより、毎日の乳量の変化に対応した給飼量を自動計算し、マックスフィーダー(自動給飼機)で給飼します。BCSの改善・ムダ餌の削減などが期待できます。

粗飼料・配合飼料自動給飼機マックスフィーダー®