オートリキッドセパレータ KLSA [自動ドレン排出]真空ポンプ稼動中に自動でドレン排出が可能

KLSA10A-G-01

流量
510m3/h
処理水量
(大気圧~90kPa)
10L/min
処理水量
(90~96kPa)
6L/min
質量
63kg
  • KLSA の入気温度範囲は 5 ~ 40℃、
    周囲温度範囲は 5 ~ 40℃ となります。

真空ポンプへの液体の混入を防ぎます。
水やオイルなどの液体を 99% 除去し、自動でドレンを排出します。真空ポンプ稼働中も真空度を低下することなくドレンを排出できるため、長時間連続運転される場合にも最適です。

  • 水蒸気やオイルミストは捕集できません。
  • 自動ドレン排出
  • サイトグラス付
リキッドセパレータ VLSシリーズ
KLSA10A-G-01

動画

セパレータ KLSA10A シリーズの液体除去能力試験のため、液体に色を付け、KLSA10A 左の確認用トラップに液体が混入しないか動作試験を行いました。

リキッドセパレータの液体除去能力をご覧頂き、液体混入リスクのため
オイルフリー真空ポンプの使用を諦めていた押出成形機ユーザーなどのお客様!
ぜひオリオン機械までご連絡ください!

[デモンストレーション実施条件]

  • 真空ポンプ KCE380E-VH-02
  • 使用セパレータ KLSA10A-G-01
  • 真空度 80kPa
  • 空気量 約 2700L/min
  • 水分吸引量 約 10L/min

外形寸法図(単位:mm)

外形寸法図