低温型精密空調機 PAP-L 空冷式 35℃の吸込空気をオールフレッシュで8℃まで冷却

PAP05A-L

処理風量
5~7m3/min
設定可能温度範囲
8~18℃
温度制御精度
±2℃
低温型精密空調機 PAP-L 空冷式
PAP05A-L
supereco2

用途

  • 加熱品の冷却
  • デシカント空調機のプレ冷却

仕様

PAP05A-L
性能 設定可能温度範囲※1 8~18
温度制御精度※2 ±2
最大冷却能力※3 kW 7.0
定格処理風量 m3/min 5~7
最大機外静圧(50/60Hz)※8 Pa 200
環境条件 周囲温湿度範囲(吸込空気)※1 ℃, % 15~35, 30~70
吸込温度変化勾配 ℃/h ±1以内
吸込湿度変化勾配 %/h ±5以内
外形寸法(高さ×奥行×幅)※4 mm 1358×1100×600
製品質量 kg (185)
制御空気吐出口 mm Φ150
電気特性 電源※5 V(Hz) 三相200±10%(50/60)
消費電力(50/60Hz)※6 kW (4.7)
電流※7 A (17)
電源容量※7 kVA (6.5)
運転制御方式 インバータ回転数制御+ホットガスバイパス制御
冷媒 R410A
冷凍用圧縮機出力 kW 1.7
  1. 制御可能な温度範囲を表すものではありません。制御可能温度範囲は、風量および吸込空気温湿度により異なります。冷却専用。設定温度は入口空気温度より低いこと。周囲温度15℃以下の場合は、冷凍機停止、送風機のみ運転、温度は成り行きとなります。出口温度8℃の条件は、※3に記載の冷却負荷条件より負荷が少ない時。
  2. 吸込空気温湿度安定時、周囲温度15~35℃の時。吐出口1点、コントローラ表示値精度。但し、冷却負荷が少なく、圧縮機がON/OFFする場合は除きます。
  3. 冷却能力の算出条件は、次の条件の時。風量:5m3/min、出口温湿度:8℃,100%(エンタルピー5.92kcal/kg)、入口温湿度:35℃,65%(エンタルピー22.68kcal/kg)
  4. 高さは吐出口含む。
  5. 電源電圧の相間アンバランスは、±3%以内としてください。
  6. 仕様範囲内における最大値。
  7. 仕様範囲内における最大運転電流時。
  8. 送風機運転周波数60Hz、制御空気吐出口シャッター全開、制御空気吐出口側にて絞り、風量7m3/minにて運転した場合の機外静圧。
  • 接続ダクトは必ず断熱ダクトを使用し極力短くしてください。(推奨5m以内)