省エネ型精密温調空気供給装置(PAPシリーズ)が第41回日本冷凍空調学会「技術賞」を受賞

2014/01/27

弊社が開発し製造販売している、ヒートポンプバランス制御技術を搭載する省エネ型精密温調空気供給装置(PAPシリーズ)はこのたび、公益社団法人日本冷凍空調学会が主催する第41回日本冷凍空調学会賞の「技術賞」受賞が決定しました。

表彰式は平成26年5月13日(火)、東京で行われる予定です。

また、本技術のセミナーが平成26年1月30日(木)、東京ビッグサイトで開催され弊社も発表します。詳しくは日本冷凍空調学会技術賞セミナーの詳細をご覧ください。

受賞内容: 日本冷凍空調学会賞 技術賞
受賞対象: 省エネ型精密温調空気供給装置(PAPシリーズ)

【日本冷凍空調学会 技術賞とは】

日本冷凍空調学会「技術賞」は、公益社団法人日本冷凍空調学会が主催する、冷凍・空調分野における機器・装置・設備・システム・施工法などの分野で実績がある新技術を対象とし、本年度で41回目となる歴史のある表彰です。表彰企業には、少なくとも過去10年において中小企業が存在していません。

冷凍機製品を開発販売して55年となる弊社独自の技術が高く評価され、このたびの名誉ある受賞が決定となりました。

本年度は弊社の他、三菱電機株式会社様と、株式会社神戸製鋼所様/東京電力株式会社様/中部電力株式会社様/関西電力株式会社様が受賞され、全3件の表彰となります。